給料未払い・残業代未払い・家賃未払い・各種売掛金・個人間債権債務・不動産投資・FX・バイナリー・仮想通貨・転売ビジネス・不動産投資etc ネットで購入した情報商材や高額塾に支払ったお金返還請求できます!

悪徳商法被害に強い弁護士が
対応致します!

悪質な情報商材の販売や高額な塾やセミナーにて大金を騙し取られる被害が急増しています。
悪質業者は「すぐに〇〇万円稼げる」「誰でも簡単」「100%稼げる」
といった甘い言葉で誘惑して高額な代金や参加費を請求します。
お金を払っても本当に稼げる事はありません。
弁護士があなたに代わって返金交渉致します!

返金事例

  • ■給料未払い
  • ■残業代未払い
  • ■家賃未払い
  • ■各種売掛金
  • ■個人間債権債務
  • ■不動産投資
  • ■仮想通貨・ICO・マイニング
  • ■アフィリエイト
  • ■転売・せどり
  • ■在宅・副業
  • ■ネットビジネス
  • ■セミナー・高額塾
  • ■YouTube
  • ■お小遣い系
  • ■株式投資
  • ■美容・健康
  • ■資格・語学
  • ■FX・自動売買ツール
  • ■バイナリーオプション

日本経済認定支援協会に
依頼するメリット

  1. MERIT1

    返金実績多数のスペシャリストと多様なノウハウ!

    日本経済認定支援協会では情報商材や高額塾に支払いをした方々からご依頼を頂き、多くの返金実績があり、色々な事案を解決した経験豊富な専門家とノウハウがあります。

  2. MERIT2

    専門家である弁護士があなたの代わりに全て対応致します。

    ご依頼を頂きましたら全て対策のプロの弁護士が対応致しますので、依頼者の方は何もしなくて結構です。相手との交渉や書類の作成、面倒な手続きは全て任せて頂き、解決まで導きます。

  3. MERIT3

    守秘義務により、誰にも知られる事はありません。

    家族や知人には知られたくない、そう思われる方も沢山いらっしゃいます。弁護士には守秘義務があり、被害に遭った事も全て誰にも知られる事なく解決まで導きます。

解決までの流れ 弊社が全てサポート致します!

  1. STEP1 無料相談

    STEP1 無料相談イメージ

    相談は完全無料となりますので、
    まずはお気軽にご相談下さい。

    電話・メールにてご相談を受けて
    おりますのでご都合のよい相談
    方法をお選び下さい。

  2. STEP2 被害内容の確認

    STEP2 被害内容の確認イメージ

    被害内容の確認被害内容について、
    詳しく伺わせて頂きます。

    どのような経緯で契約・購入したか、
    その結果や支払い方法・支払い明細の
    有無等、詳しく伺わせて頂きます。

  3. STEP3 ご依頼・契約

    STEP3 ご依頼・契約イメージ

    返金の可能性がある場合、
    ご依頼・契約をして頂きます。

    お聞きした情報を元に弁護士から
    今後の対応方法を説明し、委任をご希望
    されましたら契約をして頂きます。

  4. STEP4 返金交渉

    STEP4 返金交渉イメージ

    弁護士が相手業者に
    返金請求・交渉を致します。

    相手の対応によって、ベストな方法にて
    解決までとことん対応させて頂きます。

  5. STEP5 返金・解決

    STEP5 返金・解決イメージ

    交渉が成立し、業者から返金
    されたら解決となります。

    訴訟だけでなく、内容証明郵便の
    送付や任意交渉等、状況により
    様々な方法で解決を図ります。

無料相談お申し込み・お問合せ 各種入力フォームはこちらから

  • 各種救済申し込みフォーム

  • お問合せフォーム

よくある質問 Q&A

不動産投資で詐欺と考えられる事例はありますか?
・優良物件だからすぐに手付金だけでも払っておいた方がいいと言われて手付金を支払ったが、後日本契約の為に連絡を取ろうとしても電話がつながらなくなっていた。

・不動産を購入して契約も済ませ、登記をしようと思ったら先に別の人に所有権移転登記がされており、自分が支払った売買代金は売主に持ち逃げされた。

・婚活パーティで出会った異性から投資用マンションを勧められて購入したが、その後関係が疎遠になり、やがて音信不通になった。

このようなケースはすべて「詐欺」であると考えられます。
本物の詐欺に遭ったケースでも、相手を調べれば相手の居所が判明する場合はあります。
しかし、詐欺師は経営基盤のある企業ではなく個人の場合が多いので、裁判に勝っても売買代金の返金や損害賠償金を回収するのは困難です。
不動産投資の詐欺まがいの商法とはどう言った商法ですか?
・東京オリンピックの影響で必ず値上がりすると言われて土地を購入したが、よく調べてみるとほぼ無価値の土地を高値で買わされていた。

・営業マンが作成したシミュレーションでは毎月数万円が手元に残るという事でマンションを購入したが、そのシミュレーションは経費や空室リスクを度外視したものであり、実際には毎月赤字になっている。

・家賃保証(サブリース)を付ければ空室が出ても損はしないという説明を信じてマンションを購入したが、2年後には賃料が改定されて赤字に転じた。

これらのケースで詐欺を訴える為に裁判を起こした場合には、購入者側で法律上の詐欺の要件を1つ1つ証明しなければなりません。
証明する為には証拠が必要ですが、不動産業者であれば、顧客を勧誘する際に適切な説明をしたという証拠書類を巧妙に確保しているものです。
不動産投資詐欺の被害を回復する方法はありますか?
弁護士に相談して、
裁判に勝てる見込みがどの程度あるのかを判断しながら裁判するかどうかを検討する
のも大切な事です。
どうしても裁判に勝てそうになければ、最終的には泣き寝入りして「授業料を払った」と思って損切りするしかありません。

(1) 和解を目指す
売買契約を取り消して売買代金を全額取り戻すのは無理でも、何割かを返金してもらう和解なら成立する可能性があります。
裁判外で和解しない業者でも、裁判をした上でなら和解するケースも少なくありません。

(2) 警察に被害届を出す
警察に被害届を出したからといってお金を取り戻す為に動いてもらえる訳ではありませんが、被害届は無料で提出出来るので何もしないよりはましです。
ときに、犯人が捕まって示談金を払ってくれるケースもあります。

(3) 宅建保証協会に相談する
宅地建物保証協会に所属する業者から詐欺被害に遭った場合には、保証協会より弁済金として1,000万円を上限として補償される制度があります。
補償を受ける為には満たすべき要件が色々ありますが、検討してみて損はありません。
未払い給料がいくらあるのかを正確に分からなくなってしまいました。
給与計算は意外と複雑です。不払い期間が長期にも及んでくると、社労士といった給与計算の専門家でも計算間違いを起こしてしまう事もあります。
労働問題に詳しい専門家であれば、数多くの給与・残業代の未払い問題を経験していますので、あなたの給料がいくらになっているのか正確に計算できます。
給料未払い分を回収できる可能性はありますか?
自分で未払い給与を請求しても、会社がまともに対応して貰えない事も多く見受られます、極端な場合は経営者に逃げられたりする事もあります。
専門家であれば、早期に効果的な方法で取り立てを行うので、自分でやるよりも格段に回収できる可能性が高くなります。また、会社の誤魔化しも専門家には通用しないので、想定外の不利益を受ける事もありません。
給料支払いが遅れた分の遅延損害金も併せて回収出来ますか?
給料が未払いになっている場合、遅延した日数分の「遅延損害金」を請求出来ます。
遅延損害金は、在職中は年6%、退職後は年14.6%の割合です。
自分一人では元本すら満額回収する事が難しいですが、専門家であれば正確に遅延損害金を計算し、裁判を起こして遅延損害金分を増額した全額を回収する事が出来ます。
給料未払いの証拠がない場合はどうしたら良いですか?
未払い給与の請求を行う際には、証拠が必要です。
賃金台帳やタイムカード、シフト表、日報等の資料は会社側が押さえている事が通常です。労働者が開示を求めても、明らかにしてもらえないケースが多数です。
弁護士に依頼すると、証拠保全や『文書提出命令』等、強制的な開示手続を履践して未払い給与の証拠を入手する事が期待できます。
スマートフォンの利用料の請求に、購入した覚えのない商品の代金が上乗せされていました。携帯電話会社に問い合わせてみると、インターネットショッピングの代金等を、利用料と一緒に支払う事が出来るサービスがあると説明されました。しかし、請求されている商品を買った覚えはありません。また最近、自分のメールアドレスや名前が記入された不審なメールが、スマートフォンに届くようになりました。
少し前に、宅配業者からの不在通知がメールで届き、指示通りに同社のウェブサイトから再配達手続きに必要なアプリをダウンロードした事があります。何か関連があるのでしょうか?
宅配便業者の不在通知を装ったメールで偽のサイトへ誘導し、不正アプリをダウンロードさせる事例が報告されています。今回のケースも、不正アプリによってスマートフォンが遠隔で操作され、勝手に買い物をされたり、迷惑メールを送信させられているのだと思われます。 聞き取りによると、相談者も再配達手続きの為に、同様にアプリをダウンロードしたという事でした。宅配便業者だけでなく聞き覚えのある業者の名前を騙って、偽サイトへ誘導するショートメールが増えています。メールの内容を鵜呑みにせず、アプリをダウンロードするときには信頼できるサイトからダウンロードして下さい。
裏面に情報保護シールが貼られたはがきが届きました。めくると「利用料金が未納で、契約会社の運営に支障を来している。支払わないと、損害賠償訴訟へ発展する可能性がある」と書いてありました。
情報保護シールが貼ってあったり、担当者名や電話対応時間まで細かく書いてあったりしていて、きちんと作られた物に見えます。なので、最近よく注意を呼びかけている「架空請求はがき」ではないように感じます。電話して確認すべきでしょうか。
これは架空請求と考えられます。
昨年3 月頃から、はがきを使った架空請求が急増していて、1 年以上たった今も、事例の報告や相談が後を絶ちません。最近は、「情報保護シール」を使い、多色刷りで、担当者名や組織名に角印が押されたように見える文面を作る等、とても手の込んだはがきが用いられています。はがきや電子メールでの架空請求は、手口が巧妙になっているのです。心当たりが無いといって電話をすると、未納の記録が有ると言い張り、金銭を要求されてしまいます。
不審に思ったときは1 人で悩まず、まずは家族や周りの人、消費生活センター等、必ず誰かに相談して下さい。
スマホでSNS を見ていたら、ダイエット食品の広告が。読んでみると「初回500 円でお試し」とあったので、安いからと思い注文しました。商品が届いたので飲んでみましたが、味が気に入らず、結局飲まないままに。
ダイエット食品の事を忘れていたら、翌月になって、また同じ商品が届きました。開けると「定期コース」と書かれていて、今回の請求金額は5千円。さらに、4 回以上購入しないと解約できない規約になっていました。1 回だけのつもりで注文したのに。
今からクーリングオフはできませんか。
クーリングオフ制度は、訪問販売、電話勧誘販売等、限られた取り引きにしか適用されません。残念ですが、通信販売は対象外です。特定商取引法の「返品特約」というルールで、消費者都合での返品の可否と条件を分かりやすく提示する事になっています。返品はその条件に従うしかありません。
平成29年12月の同法改正で、事業者は注文内容の最終確認画面で、定期購入の総額を表示しなければならないとされました。
通信販売はもちろん、どんな形の注文でも、初回の安い金額に惑わされず総額を確認し、契約内容や条件をきちんと把握しましょう。
大手動画配信会社を名乗り「動画の閲覧で未払い金がある。本日中に登録解除しないと、法的措置を取る」というメールが届きました。驚いて発信元へ電話すると、「未払い金をすぐに全額支払えば、少額の手数料だけで解約し、残額を返金します。コンビニで電子ギフトカードを購入し、裏面の番号を教えて下さい」と言われました。
それで解決するならと、指示通りにしましたが、いまだに返金されません。どうしたらいいでしょうか。
これは大手動画配信会社を騙った架空請求詐欺です。返金される事はありません。
電子ギフトカードは、番号が分かればすぐに現金と同じように利用でき、換金も可能です。使った人が特定出来ない為、詐欺の手口に利用される事が増えています。電子ギフトカードを支払いの手段として指定されたときは、詐欺だと思って下さい。番号を教えてしまうと、時間が経つほどお金を取り戻しにくくなりますので、一刻も早くカード発行会社に連絡して下さい。
身に覚えの無い不審な支払い請求等があったら、家族や周りの人、消費生活センターに相談して下さい。
自宅に「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」というはがきが届きました。「未納金があり、期限までに連絡がない場合は訴訟を起こします。そうなると、裁判所から給与や財産が差し押さえられます」と書かれていました。
はがきには、何の料金か書かれていませんでしたが、これまで公共料金や使用料等を滞納した事はありません。何かの間違いだと思いますので、電話して確認した方が良いでしょうか。
このはがきは、公的機関のような名前を使った架空請求です。電話すると名前や住所、電話番号等の個人情報を聞き出そうとします。心当たりが無いと言っても、「こちらには記録がある」と主張し金銭を要求。断ってもしつこく脅され、諦めて支払ってしまうと、理由を変えて何度も請求される事になります。
近年、はがきや電子メールを使った架空請求が増えています。心当たりが無いからと安易に連絡をしてしまうと、個人情報を聞き出され、要求のきっかけを与えてしまいます。不審に思ったときは決して電話せず、まずは家族や周りの人、消費生活センターへ相談して下さい。
百貨店の社員から電話があり「あなたのクレジットカードで、当店で高額な商品が購入されている。自分で購入したのに間違いないか」との事でした。身に覚えが無い事を伝え電話を切ると、今度は警察から「あなたのクレジットカードが勝手に使われ、キャッシュカードも悪用される恐れがある。確認の為、捜査二課の者に取りに行かせる」という電話がありました。
もうすぐ警察の人が来るはずですが、どうすればいいでしょうか。
百貨店からの電話で不安をあおり、警察と名乗る人物が自宅を訪ねてキャッシュカードを預かり、言葉巧みに暗証番号を聞き出して現金を引き出す手口の詐欺です。警察をかたる訪問者に、絶対にカードを預けてはいけません。
ニセ電話詐欺は以前からありますが、近年、手口が巧妙化しています。最近は全国各地で、複数の犯人が百貨店の社員や金融機関の職員、弁護士、警察官等に成りすまして電話を掛け、不安をあおったり、信用させたりしてカードをだまし取る事例が発生しています。そのような電話があっても、決して相手のいいなりになってはいけません。
「電話でお金は全て詐欺」です。少しでもおかしいと思ったときは、すぐにセンターや警察へ相談して下さい。
返済の相談に乗ってくれるのでしょうか?
担当者がお客様の負債、収入や資産等の現在状況やご事情を伺いながら総合的に判断してご返済のご相談を承ります。
どのような債権でも買い取ってもらえるのですか?
個人的に貸したお金を返してもらえないので、回収をお願いしたいのですが?
サービサーが取扱う事が出来る債権は、法令で定められた特定金銭債権のみになります。 例えば、銀行等の金融機関・貸金業者が有する(有していた)貸付債権、リース・クレジット債権、保証会社・金融機関等が有する求償債権等
※個人の方の債権は原則として取扱いできません。(例外として、破産申立を行った場合は破産管財人等を通じて取扱いが可能となります。
過酷な回収にならないのですか。
債権管理回収業務にあたっては、債権管理回収業に関する特別措置法をはじめとする各種法令の遵守はもとより、債務者の個々の実情に即したきめ細やかな対応を図ると共に委託者の依頼に応えるべく、厳正かつ適正な回収を行なう事としています。
3年ほど前に被害にあってしまいました。返還請求はまだ出来ますか?
はい、取引から10年以内の被害に関しては取り戻す事が可能です。ただし、運営業者自体が無い等、請求先が存在しなくなった場合は難しくなります。
また、振込履歴や立証できる証拠によって回収額は変わります。特に、振込等支払った領収書やレシート等の明細は破棄せずに保存して下さい。
詐欺被害に遭っているのですが、運営会社に連絡しても不正を認めてくれません。返金は可能でしょうか?
運営会社は自身では詐欺としては認めません。経験豊富な弁護士が、あらゆる証拠をもとに詐欺を立証し、被害にあった金額の回収を行います。
ただし、振込履歴や立証できる証拠によって回収額は変わります。特に、振込等支払った領収書やレシート等の明細は破棄せずに保存して下さい。
相談してから解決までどのくらいの日数が掛かるのでしょうか?
1~3ヶ月程度の物が多くなっております。また、返金が一括で解決する場合と分割の場合もあります。
支援・副業詐欺以外の相談も受け付けて頂けますでしょうか?
支援・副業詐欺・結婚詐欺等、広く詐欺被害の相談を頂いております。対応外の案件もございますが、まずはお気軽にご連絡下さい。
  • 無料相談お申込み
  • お問合せ
  • TEL:050-5436-7912
  • ページトップへ